離婚を考えて別居したい時に気をつけておく事。

離婚を考えておられる方、別居を始める際には、いろいろ考慮すべき点がいくつか存在します。
自分にとって、少しでも有利に離婚を進めたいなら、夫婦には、本来、”同居義務”があります。

ですから、勝手に出ていくことは、「悪意の放棄」と、調停の場ではとらえられます。

相手と、ちゃんと話し合い合意を得て上で、別居することをお勧めします。
そうしないと、いざ離婚について調停や、裁判になった場合、慰謝料や、
その他の請求において不利になるからです。

感情的になる理由もたくさん存在するかもしれませんが、後々のことを考えて行動してください。

*ただし、DVの場合は、別居に対して、合意を得る必要はありません。話し合おうとすると、逆にまた暴力を受けるかも知れません。この場合は、黙って出ていきましょう。

他には、以下に述べるようなことを心掛けてください。

1 不受理申出の手続きを

離婚届を勝手に、出されて、養育費、慰謝料などの話し合いをすることもないまま、相手は行方をくらましたなんて事のないように、離婚届が勝手に出されても役所側が、受け付けないように不受理申出の手続きをしておきましょう。


2 生活費を送ってくれるように、確約を

婚姻関係を続けている以上、扶養義務が生じますので、相手に生活費を請求することはできます。
約束した事項を、別居合意書などを作成して文章に残していくことをお勧めします。

3 お子さんを連れて行く=親権を獲得

やはり、お子さんを愛情を持ってきちんと養育できるかどうかが、親権を決める際の決め手になります。別居してからも、きちんと育てましょう。自分の両親に任せて、子育てはほとんどしてないとなると、調停の場でも、不利になります。

4 ある程度生活の見通しを

仕事、住まいなど経済的にめどを付けてから、別居しましょう。無理してダブルワーク、トリプルワークして体を壊しては大変です。健康でなかったら、いくら愛情があっても、親権を獲得できなくなる可能性もあります。

5 お子さんの精神的ケア

転校したり、片親がいないことで不安定になることも考えられます。精神的にケアすることも、心掛けてください。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ