離婚調停の話し方で有利にするポイント

離婚調停では、話し方ってすごく重要です。話し方というと、口調だけに意識が集中してしまいますが、調停というのはいわば面接のようなものです。

全身で話すという意識をまず持つ事が大切です。そのためにはまずは姿勢を意識して下さい。

当たり前の事を書いてしまいますが、人に話を聞いてもらう、人に対して話しをする時、足をくんだり、ふんぞり返るような姿勢はいけません。

調停室に入ったら、会釈をして静かに椅子を入って背筋を伸ばして、浅めに椅子に座ります。入室をしてから会話をしている時間は大体15〜30分ほどなので出来るだけ姿勢を崩さないようにしておきましょう。ガチガチに緊張する必要はないのですが、話を聞いて相談にのってもらう立場であるという事、そして調停委員達は、自分のために時間を作ってくれている。という事を忘れないで欲しいと思います。

話をする時は調停委員の顔をしっかりと見ましょう。特に調停委員が話をしている時は、よそ見をせず、しっかり顔を向けて適度に相づちをうちながら話を聞いて下さい。ただし、意味を考えずに相づちをうってしまうと、「納得した」と思われて話を進められてしまう可能性があるので、返事は慎重におこなってください。

あなたが話をする時は、調停委員の眉間あたりや口元あたりを見て話をすると良いでしょう。目を見るとどうしても、にらんでしまうようになる事もありますし、威圧感を与えてしまいがちです。あなたに向かって話をしています、というアピールは大切なのですが、目を見すぎないように話す事で、柔らかくになります。

調停委員とは社会的にそれなりに立場のある方々です。ですので、人を見るという事を非常に重視しているため、自分が伝えたい事の説得力を増すためにも、多少の演技は必要だと私は思います。ぶっつけ本番でやるよりも、何度か練習をしておくと良いと思います。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ