離婚調停の際に夫の現住所がわからない場合

離婚のために家庭裁判所に調停の申し立てをした場合、調停の日にち等の連絡を家庭裁判所側が、
夫の方へ送らなければいけません。ですので、絶対に相手の住所は、絶対に知る必要があります。

本籍地の方の役所では、住所もちゃんと登録されています。本籍地路現住所は、
ちゃんとリンクさせて登録してあります。ですから、夫が住民票を移しているなら、ちゃんと現住所を探し当てることができます。

夫が引っ越してしまい、住所がわからない場合は、本籍地の役所に行って、
”戸籍の附表”を取れば、夫の現住所はわかります。まだ、離婚していないのなら、あなたの本籍地が、夫の本籍地でもあります。

もし、本籍地が今住んでいるところから極端に遠い場合でも、郵送で送ってもらうことができます。

しかし、厄介なのが、次のケースです。つまり、夫が住民票を移さないまま引っ越した場合、住居を異動した場合が、大変です。

住所を移しておらず、身体だけ引っ越している場合、携帯などで住所を夫にたずねる。夫の職場に行って、
事情を話し住所を教えてもらう。夫の実家や友人に話して、住所を聞く。という方法をとるしかないでしょう。

そうした手を取ってもダメな場合は、お金がかかりますが、弁護士や、探偵などのプロの手を借りるしかないでしょう。
住所がわからずに、調停を進めることは、相手が離婚を望んでない場合は、かなり難しいでしょう。ましてや、裁判へ進めることも難しいかと思われます。

相手が、こちらから送ったメールだけを見て、調停の日にきちんと出席してくれるならいいですが、
相手が離婚したくない場合は、逃げて回る可能性も考えられます。自分の力だけで夫の住所を突き止めることが不可能な場合には、プロに頼むしかないでしょう。

何かと、大変ですが、前向きに頑張られてください。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ