協議離婚だけして、財産分与、慰謝料については後回しって出来る?

とりあえず離婚だけは済ませておきたいけれど、財産分与、慰謝料、親権などの問題についてはなかなか折り合いがつかないという事があります。

この場合、協議離婚をしながら、離婚調停の準備をすれば問題ないです。そこで調停で成立がしなければ、裁判所に審判を申し立てる、もしくは訴訟を、という流れになります。

ただし注意して欲しいのは財産分与は離婚をしてから2年経ってしまうと請求する事が出来ず、慰謝料については原因を知ってから、3年で時効が成立してしまいます。
調停や裁判で慰謝料や、財産分与について決まれば履行命令といった支払いに対しての強制力が生まれます。


他にも親権者、監護者も変更する事の対象になりますが、これもまた調停で決める事が出来ます。

ただし、親権者、監護者の変更に関しては必ずしも変更が出来るものではありません。子供のための制度なので、親の都合で勝手に変更出来るものではないですし、子供の好き嫌いというような感情で決めるものでもなく、父親、母親の経済状況など総合的な事から判断し、子供にとって最もよいものが選ばれるというわけです。

そのため、親権者や監護者になりたいのであれば、調停委員、もしくは裁判官に変更した方が子供の成長にとって良い状態になる、という事を示す必要があります。

これは、金銭面だけの問題ではなく、生活全体、相手が育てるよりあなたが育てる方が良い、と思われる状況を予め準備しておく必要があるという事です。
それだけ説得力がある状態になれば、親権者や監護者を審判で変更してもらうことも可能です。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ