モラハラ夫との別居で気をつける事

モラハラ夫と離婚をするのは、なかなか難しいものがあります。根本的にモラハラ夫というのは、自分が悪いとは思っておらず、相手をコントロールしようというアダルトチルドレンのため、妻から離婚を申し出てもうまくいかない事が多いです。

そのため協議離婚という解決が出来ず、調停、裁判までもつれ込んで法的に手続きをとる必要があるのですが、それでもけっこうな時間がかかってしまいます。離婚の話合いをしようものなら、それこそモラハラ夫からの攻撃が毎日続くと思いますので、同居ではなく、別居をして距離をおく事は必須です。

弁護士に相談をしても、まずは別居をして下さいと言われるでしょう。それぐらい厄介な相手なのです。実際、別居期間が長ければ長い程、婚姻の破綻として離婚裁判で認められやすくもなります。

別居したくても実家とはうまく行っていない、引っ越し費用もない、というような方もいると思いますが、それでもあなたが家を出るしかありません。モラハラ夫は自分のテリトリーから出ようとはしないのです。

執拗に攻撃される毎日と、その攻撃から解放される自分の将来を天秤にかけてみた時、一時的に苦しいかもしれませんが別居の決意を。今はシェルターなどや、民間の支援センターなどもあります。そういったサポートを利用する事も出来ます。


別居をする際に気をつける事としては、別居のタイミング、そして持ち物をどうするか。

別居のタイミングとしては、モラハラ夫の居ぬ間に夜逃げのように身を隠すという方が多いように思います。私の友人は、昼間にスーツケース二つに荷物を詰め込んでタクシーで逃げましたね。家財道具を持ち出すとなると、やはり大変です。

ただし注意点としては、家においてきたものを取り返す事は難しいと思って下さい。モラハラ夫というのは、独占欲の塊です。失う事をとにかく嫌がります。

ただし、持ち出さないと困るものもあるため、最低限必要なものをお伝えしておきます。

お金関係(現金・通帳・銀行印・キャッシュカード・クレジットカード)

別居先がどこであったとしても、生活費は当然必要です。あなた名義の通帳、キャッシュカードなどは夫がいない間にしっかりと取り戻しておいて下さい。

ちなみに結婚してから築いた財産は銀行の名義が夫であろうが妻であろうが共有財産として見なされるので、あなたが夫名義の銀行、キャッシュカードなどを持ち出しても法的に問題はありません。ただし、止められる可能性もあるので、無理して持出さなくても良いと思います。


生命保険・学資保険などの保険証書

これも共有財産になるので、持出しておくと良いでしょう。

健康保険証

健康保険証が一人一枚発行されている場合は、必ず持出しをして下さい。

家族全員分の健康保険証が一枚しかない場合は、とりあえず持出しましょう。その上で、あなたと子どもが国民健康保険に加入出来るように手続きをしてもらうのがおすすめです。


こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ