DV離婚をする時、真っ先にしなくてはいけない事!

DV(家庭内暴力)を受けている場合、離婚調停の申し立て前にもやるべきことがあります。特に緊急性が高い場合にですが、すぐに警察かシェルターに逃げ込むことです。無職や低所得により別居できない場合は、生活保護の申請をします。役所に対して、DV保護の必要性を説明すると、割と早く生活保護を受給してくれたりします。

警察でDV相談を受け付ける場所は「生活安全課」が担当になります。お住まいの地域の警察署に行って、被害届けを出す必要があります。特に殴られた後などがあれば、外傷がはっきりしているので対応も早いです。モラハラの場合は、証拠がない状態かもしれませんが、家に帰る事に対しての恐怖心があれば、保護を受ける事は可能です。

そして必ず、警察署には相談したという記録を残してもらって下さい。

DV相談の担当してくれた警察官には裁判も考えていると伝えて下さい。どうしても、夫婦喧嘩のレベルと思われると、軽く扱われます。それでよくニュースで警察の失態として出てきますよね。なので、多少強気に言って、良いです。放置されるより絶対にマシですから。

「DV相談証明書」は警察署でも発行してもらえるので、もらっておきましょう。


次に考えるのは、別居先です。シェルターはもちろんですが、友人宅など、出来るだけ夫が来ないであろう場所に身をよせて下さい。

身の安全を確保出来たらようやく離婚調停について考えていけばいいので、まず、夫に知られない場所で別居して、自力で生活できるようになることが、DVとの決別で一番大事です。

これが出来てから離婚調停を申し立てます。なぜ、このような回り道をするのでしょうか。それは、夫との力関係が調停に持ちこまれると、DVを受けていた頃の自分に戻り、夫の要求に従ってしまう場合があるからです。また調停委員はDV理解者の人が選ばれているわけではないので、DV問題を専門とする弁護士などを代理人に立てる必要があります。なお調停が不成立に終わった場合、夫が復讐に出る前に、早期に裁判を起こした方が身の安全を図るという意味でも賢明です。


DV被害を受けてきた女性たちは、DVを受け入れることに慣れてしまっていて、しかもそのことに自分で気がついていない癖があることが多いです。自分が置かれている状況や自分自身を客観視するためにも、DVを受けている自分を鏡のように映しだしてくれる専門家の力が必要となります。DV問題専門の弁護士や離婚カウンセラーなどの力を借りることで、上手く立ち直れる可能性があります。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ