DVのチェック項目を見て、冷静に判断してみて下さい。

最近では、夫婦間や親子などの家庭内暴力、または恋人に対する暴力が非常に増えてきています。
主に男性が力の弱い女性に対してDVを行うことが圧倒的に多くなっています。

少しでも自分が気に入らないことがあると、相手を暴力で支配しようとする傾向がある人が増えてきたというか
特に閉鎖された家の中では、誰からも気づかれることもなく制止されることもないため、DVはどんどんエスカレートしていくことが多いのです。

また、被害者も殴られることで感覚が麻痺してしまい、誰かに助けを求めたり、相談することもできずに逃げ場のない状態に陥ってしまうのです。
日常生活において、どのような行為がDVにあたるのか疑問に思う人も多く見られます。

DVかどうかを判断するチェック項目としては、

相手の意見に否定的なことを言うとすぐに不機嫌になる
外出中に何度も電話やメールをしてくる
相手が家族や友人と会うことを嫌がる
彼がいないと安心する
相手を叩いた後には急に優しくなって謝る

多くのチェック項目が挙げられるのです。

このようなチェック項目に少しでも自分のパートナーや家族が当てはまるのであれば、DVである可能性は非常に高いといえます。

多くの場合、DVは閉鎖された家の中で行われますので、人目につきにくく、被害に遭った本人が周囲に助けを求めなければ発見されることはなかなかありません。
他の人に気づかれないように、わざと顔面は殴らずに、洋服で隠れる体ばかりを狙って暴力をふるう人も多く見られます。

自分の気が付かないうちにDVがどんどんエスカレートして、逃れられない状況に陥ってしまうことが多いんですよね。
そして、DVの恐ろしいところは、何度も行っているうちにどんどんエスカレートしていくことなのです。
最初は軽く叩くくらいの行為が徐々に増えていき、最終的には命の危険を感じるほどの暴力につながってしまうのです。


そうならないためには、まず冷静に客観的に自分自身の置かれた状況を見つめ直し、
DVを受けていると判断したらすぐに周囲の家族や友人に相談することが必要です!

DVを受けている本人が勇気を持って周囲の誰かに相談することが最も大切なんですね。

被害者は、何度も殴られているうちに、抵抗する気力すら奪われてしまい、相手への恐怖心から身動きすることもままならないような状態に陥ってしまう場合があります。

その際に、被害者が何らかのSOSを発して周囲が気づいてあげることができれば、救うこともできるはずです。
また、身近で信頼できる相手にできるだけ早く相談することが解決への第一歩です。

自分の置かれた状況を正直に話すことに抵抗があり、誰にも相談できずに悩んでいる人も多くいますが、思いきって打ち明けて助けを求めることが一番大切です。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ