離婚で残った住宅ローンと財産分与をどうするか、まとめました。

離婚で頭を悩ませられる問題の一つとして、意外とお荷物になるのが住宅ローンですよね。それも、住宅ローンの返済がまだまだ残っているという状態が処理するのが難しいと思います。

やはり共働きの夫婦が多いので、住宅を購入する時にそれぞれローンをくんで共有としている事が多いと思いますし、単独だった場合でも、夫婦の片方が連帯保証人になっていると思うんですね。だから、住宅ローンがたくさん残っている状況で離婚をするとなると、どうやって払っていくのか、といった難しい問題になってしまいます。

多い解決のパターンとしては、「ローンの残りを支払う方が住宅も引き受ける。」という形ですね。名義も共有からローンを返済していく側の単独に切り替わります。
ただし、これは住宅から出て行く側からすると、非常に大きなリスクになります。ローンの支払いが滞った場合連帯保証人に当然の事ながら請求がいくんですね。離婚をしたからと言っても、返済の義務がなくなるわけではないんです。

今のご時勢、リストラの可能性もあるでしょうし、何か突然大きな病気をしてしまって、という事も長い時間を考えれば、十分考えられます。住宅ローンの返済が多ければ多いほど、その期間が長くなるわけですから、リスクが大きいんですよね。

もちろん、払えなくなったら銀行などが、住宅を競売にかけて、売ろうとするでしょう。買値と同じぐらいで売れれば問題はないですが、それはまず無理ですよね。

まず確実に買値の何割でしか売れないでしょうし、そもそもそんな都合良いタイミングで売れるわけもないと思うんです。なので、離婚後、しばらくしてから突然住宅ローンの請求がくるなんて事も十分ありえます。


ですので、住宅ローンがまだまだたっぷり残っている場合は、まず売って、そして負債分もお互い分け合う、もしくは慰謝料、財産分与の中でまとめてやりくりをするのが良いと私は思います。

後でとんでもない負担を背負うよりは、マシだと思うんですね。参考にしてみて下さい。

あなたのお家の不動産は一括査定で最高価格を知れます!

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ