離婚後300日問題って何?

離婚後300日問題と言うと、メディアで取り上げられたこともあり耳にされた方も多いかと思われます。
この、「離婚後300日問題」とは、いったい、どのような問題なのでしょうか?今回は、このテーマについて、詳しく、ひも解いていきたいと思います。

この問題は、離婚が成立してから、300日以内に出産した子供は、いかなる理由があろうとも、
戸籍上、前の夫の子供にしなくてはならないというものです。この法律の中身を見る度に、これって、現在の法律よね。明治時代の法律じゃないよね。と首をかしげてしまいます。

民法772条の第2項として、ちゃんと現存する法律なんです。驚いたことに!
一番厄介なのが、次のようなケースでしょう。例えば、妻が夫を別れてすぐに、
別の男性とお付き合いをしてすぐさま妊娠したとします。そして、再婚、子宝に恵まれて良かったなんて思って、
いざ出生届を出しに行ったら、こちらのお子さんは、離婚後300以内に生まれています。

ですから、前の夫のお子さんとして認知しなくてはいけません。えー、夫とは、ここ数年全く夫婦関係なかったのに!
なんて事実があっても、生まれたお子さんの籍は、前の夫の籍に入れなくてはいけません。

ホント、なんと、不自然で、今時まだ、こんな法律あるんですね。という感じです。

それで、このお子さんを再婚相手と間のお子さんであると証明するには、DNA鑑定を受け、
親子関係が前の夫との間には、ないということを証明し、申し立てをして、やっと、再婚相手の夫の籍に入れることができるわけです。いやはや、何とも厄介な・・・

とにかく、現状は、こうなっているわけですから、離婚した後、すぐ妊娠しないように、
自分たちで管理するしかないでしょうね。それから、早産というケースも考えられますので、そういった意味でも、慎重に計算しておかれることをお勧めします。

人生、何が起こるかわからないのですから、くれぐれも、ご用心をされてくださいね。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ