離婚届不受理の申請の手続きについて。

「離婚届不受理の申し出」あまり聞きなれない言葉ですね。これは、どうした時に使われる手続きなんでしょうか?

結婚にせよ。離婚にせよ。当人同士の合意があってこそ、初めて認められるものです。
しかし、一方が離婚したいからと、勝手に役所に行って、相手の断りもなしに、離婚届を出すと、離婚が成立してしまいます。

そして、これは、「自分は、離婚には、同意していない。」といくら言っても簡単には、取り下げられません。
その後、調停や裁判などの手続きを踏まなくては、いけません。実際に、こんなことをされると、精神的にも、肉体的にも非常にストレスを感じ、手も暇もかかり大変です。

*相手に断りもなく、こうした行為をすることは、犯罪です。

こうした事態を避けるために、この「離婚届不受理の申し出」というシステムがあります。
「離婚届不受理の申し出」をしておけば、勝手に離婚届が出されても、役所側は受け取ってくれません。

届出先は、今住んでいる市役所でいいのですが、(本籍地のある役所へ、その申し出が送られます。)
ただし、急いだ方がいい場合は、直接、本籍地の役所に提出された方がいいでしょう。

自分の住んでいる役所から、本籍地の役所まで届け出た書類が、送られている最中に、
相手側が、無断で、離婚届を提出する可能性も考えられるからです。

届け出る場合には、印鑑とパスポートや免許証(本人確認の為顔写真が付いたもの)が必要です。
一度、出した申し出は永遠に効力がありますので、必要性が亡くなった申し出は、すぐに取り下げてください。
もちろん、離婚しないようにと思っていた相手との離婚が、双方の合意により決まって、離婚した場合も、その効力は、失われます。

一度、結婚すると、離婚するって本当にエネルギーがいるし、簡単には別れられないということですね。
どっちにしても、後悔しないように、生きていく。それしかないでしょうね。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ