親権と監護権の違いって何?

親権を決める時に問題になるのが、親権と監護権の取り決めです。

まず親権って一体何かというと、簡単に言ってしまうと、子どもを教育する親の義務で、簡単に言うと責任者みたいな感じですね。監護権というのは、親権から子どもを監護して教育していく、という部分を抜き出した物と考えればいいかと思います。日本では、親権と監護権を分けるという事は、非常に少ないようです。

親権制度について


日本の戸籍制度では、結婚している間は、両親二人ともが、親権者となっていて、離婚をすると、親権者は父親か母親か、どちらかという事になります。

離婚をするにあたって、未成年の子どもの親権はどちらが持つのかというのは、必ず決めなくてはいけません。離婚届に記載する欄があるため、書かれていないと当然受理されません。

離婚で親権者にならなかった親は、親権を行なう権利義務はありませんが、親でなくなったということではないので、そこは勘違いをしてはいけないところです。親としての責任は子どもが成人するまで続きます。

未成年の子どもが複数いる場合


未成年の子どもが複数いる場合は、兄弟姉妹がバラバラにならないように親権は統一する事となっています。やはり、幼少期に離ればなれになってしまうというのは離婚後の子どもの人格に大きく影響を与えてしまうと考えられるからです。

ですので、例えば娘がいるからといって、息子は父親側に、娘は母親側にというようにバラバラになる事はありません。

15歳以上の子どもがいる場合


最近は子どもが父親、母親、どちらについていきたいのかその意向を大切に考えるケースも増えているそうです。
そもそも法律上でも、15歳以上の子どもについては、意見を聞くようになっているのですが、最近では子どもの早熟化してきていて、15歳未満だとしても小学5〜6年〜中学生ぐらいの考えは重視されているようになっています。

これぐらいの年齢となると、やはり多感な時期になるのため、子どもがついていきたくない方が親権者になってしまうと、その後の生活が難しくなるという事からのようです。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ