離婚後の子どもとの面会や頻度についてまとめました。

離婚後、子どもの面会というのは、子どもの成長のために重要という考えがあるため、面会交流というのは義務として考えられるケースも増えてきています。

まずそもそも、離婚は夫婦は他人になるのですが、親子の関係はまったく変わりません。

子どもが親権を持っていない親との面会をする事についても離婚の時にしっかりと取り決める事が増えてきており、その内容は協議書などでしっかりとまとめられます。

例えば「甲は、乙が、月に2回程度、長男、長女と面会交流することを認める。」というような形になるんですね。

この面会についても、やはり感情の問題、例えば面会している時に、子どもがそのまま連れ去られてしまうのではないかというような不安をもったりと
折り合いがつかなくて、離婚調停で決着をつけることが多いです。


ただし、離婚調停で、面会の取り決めをしても、子どもとの面会をする事に対して、強制力はないんですね。

会わせないのなら、いくら支払ってもらう、というような取り決めをし、その支払いに対しての強制力はありますが、面会をする事に対しては強制出来ません。

それは例えば、子どもが会いたくない。と言ってしまえば、会う事が難しいのです。もちろん、それに対して調停に申し立てをすれば、調査官が子どもに会って、会いたくない理由を聞く事は可能です。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ