浮気調査で原一探偵事務所に電話相談した内容と、選び方のポイントをまとめました。

浮気調査に関しての探偵の詳細が知りたいというメールを頂いたので、私がお願いをした、原一探偵事務所の浮気調査の電話内容をお伝えします。

原一探偵事務所の事はテレビで知っていたんですが、全国に支店があって、千葉県の県庁HPにも登録されているのもあって、怪しいところではないだろうと思いました。

そして浮気調査で電話相談をしたんですが
最初はとてもプライベートな事ですので、どこまで話して良いものなのか正直不安でした。探偵ってちょっと特殊な仕事じゃないですか。


ですので、小出し小出しにお話をしていたのですが「大丈夫ですよ、全部話して頂いて浮気調査は依頼にならなくても秘密厳守ですから、全て話して頂いて方向性を見つけ解決策を考えていきましょう。」
と、纏まらない私の話を長く聞いて頂いて、私がどうしたいのか何を知りたいのか、知った後はどうしたいのかなどメモに纏めて頂いてムダのない浮気調査をして頂きました。

実際、他の探偵事務所にも何件か浮気調査で電話で無料相談したのですが、話を適当に聞いて日数と料金、お得なパック料金の話ばかりで金額も私にはとても払える金額ではありませんでした。。。


電話相談をした時に、一番思ったのが

「すぐに調査しましょう!」とか言われるのかなって思ったんですけど

その時は

「もう少し浮気に関しての具体的な情報が欲しいのでまだ様子を見ましょうか。」ととにかく親身になってアドバイスをしてくれた事です。


浮気調査の結果は、しっかり浮気相手との不倫の現場をファイルにしてまとめて頂いたものを作って頂きました。(離婚の証拠として法的に有効なものでした)

原一探偵さんの調査、結果ともに満足しています。
その後のフォロー(専門家の方も紹介して頂きました)までして頂いて感謝しています。

ちなみに私の時にはなかったんですが、今では基本料金が50%OFFみたいですよ。

原一探偵事務所は、24時間深夜でも電話無料相談の受付してます。




浮気調査を依頼する前に確認しておいた方が良い事


浮気調査の期間に関してですが、やはり調査は、日数や時間また調査方法等によっても大きな幅がありますので、まずは、調査員や相談員と、
どの様な調査方法で日数や時間はどうするか等をしっかりと相談のうえ探偵事務所は決定した方が良いと思います。

あと「低料金」・「成功報酬」・「過大広告」・「事務所の立派さや規模の大きさ」等を選択基準にはしない方が良いです。

大事な事は、信頼出来る探偵会社なのか。

面談等は本当に実在する探偵社かどうか確認の為にもきちんと事務所に出向き、
調査員・相談員の対応等をしっかりみて下さい。


DSC04354 原一さんの調査では、こんな感じでしっかりと録画してもらえます。


それからは探偵業法という法律が施行され、調査業・探偵業に関わる会社や探偵社は、
各都道府県の公安委員会への届出が義務づけられておりますので、
事務所に「届出済証」がちゃんと掲示されているかどうかもチェックしてみて下さい。

他、原一探偵事務所さんも加盟しておりますが、
主務官庁を警察庁としている日本で唯一、全国組織として公認されて公益法人である
「社団法人日本調査業協会」に加盟している業者の中から選ぶことも信頼の目安と言えるでしょう。

浮気調査でよくあるQ&A


1,証拠を掴むのに自分で待ち伏せするか探偵を雇うか?
2,探偵を雇って費用はいくらかかるのか?
3,浮気相手からも慰謝料をもらえるか?
5,慰謝料はいくらもらえるか?(旦那と浮気相手から)
6,裁判をするとき裁判のお金は負けたほうが払うのは本当か? 


1.
やはり、自分で浮気の証拠集めをするには限界がありますので、
行動調査等での証拠収集はプロの探偵にお願いした方が良いと思います。

特に浮気調査ってメンタルにかなりくるのが大きいですし、単純に自分が証拠だと思っていたものが、弁護士さんからすると
素人が集めた証拠は、法的な証拠にはならないケースがほとんどみたいです。


2.調査日数や時間、調査費用によって異なるのですが
調査を依頼する探偵社と調査日数・時間・方法を相談のうえ、
きちんと見積もりを出してもらうに限ります。

普段から旦那さんの帰って来る時間の遅い日や、
良く出掛ける日等をチェックして、浮気調査日にあたりをつけ、
調査が無駄に終わってしまわない様に注意するのがおすすめです。


3.旦那さんと浮気相手が肉体関係になった時期が、
旦那さんの婚姻破綻後である場合には、慰謝料請求はできませんが、
基本的には、浮気相手に故意・過失があれば、
慰謝料請求が可能です。(平均50万円~150万円程度。)

なお、離婚に至った場合の方が請求できる慰謝料は高額になります。
(実際のところ・・・離婚に至らずに裁判で愛人に慰謝料請求する事は難しいです。)

浮気相手が旦那さんから既婚者であることを知らされていなかった場合には、
慰謝料請求はできません。逆に、浮気相手が慰謝料請求できてしまいます。
また、旦那さんから、認定額を上回る慰謝料の支払いがされた場合には浮気相手への慰謝料請求は認められません。


4.慰謝料に関しましても、
「○○円です!」とはお答えできません。
というのも、肉体関係を持っていた期間や、
精神的苦痛の程度や反省の有無等が総合的に判断されるからです。
ですから、まずは不貞の確固たる証拠を確保し、
弁護士さんに相談するのがおすすめです。


5.民事訴訟法においては、第61条で、
「訴訟費用は、敗訴の当事者の負担とする」
と定められていますが、
訴訟費用というのは、裁判をするにあたって、
印紙代や郵便切手や鑑定・検証等にかかった訴訟実費のことをいいます。
なので、基本的には訴訟に勝ったとしても、弁護士や探偵に使用したお金は、相手方に負担させることはできません。
ただ内容証明等で裁判費用の支払いを求めるという旨を記載することで弁護士費用&探偵費用を相手に負担させることはできます。

探偵事務所の電話相談で話すべき事


1 まずは浮気に関しての現状をわかる範囲でいいので落ち着いて話してみて下さい。
 (いつ頃から浮気が始まったと思ったのか、相手の行動について、昔と今の夫婦関係の状態を比べてみた印象、現状どうしたいのかなどなど)

2 具体的に話せば話すほど、電話の担当の方も状況を把握しやすくなるため、見積もりを出しやすくなります。その後で大体の浮気調査の費用や期間の相場を聞いてみて下さい。

3 そして浮気調査をする時の探偵は何名で調査してくれるのか。これは必ず確認をとって下さい。それに応じて費用が変わってくると思います。

4 探偵にかかる交通費などはいくらぐらいか?これも人数分必要になる可能性もあるため聞いておきましょう。

5 浮気調査にあたるスケジュールは?肝心な部分ですが、どれぐらいの期間で調査報告が上がってくるのかで、離婚に向けてのスケジュールなども変わってきます。


原一探偵事務所は、24時間深夜でも電話無料相談の受付してます。

こちらの記事も読まれています。

  • カードローンの王道 家族や、会社にバレずに、内緒で借り入れが出来るカードローン会社はどこ? […]

この記事が役立ちましたらシェアして頂けると幸いです。(管理人より)



7日でわかる!離婚を有利に進めるための無料メール講座!

離婚をするにあたって、大事な事はどれだけ前もって準備をしていけるのかです。
特に今すぐやっておかないと、金銭的に損をしてしまう事があるんです。
私が経験してきてから、わかった事を、7日間の無料メール講座でまとめてお伝えします。
私が行っている、自宅で出来る仕事についても解説しますので離婚後の生活に不安を感じている方や、離婚をするかどうか迷っている方は、是非読んで参考にしてもらえたら嬉しいです。

無料メール講座の内容を一部お伝えしますと、
・○○をすると、逆に相手に訴えられてしまうかも?
・損する前に本当に知っておかなければならない財産チェック
・今直ぐ出来る離婚資金調達方法


といった内容をお届けしていきますので、お気軽に登録してもらえればと思います。
登録 解除
*メールアドレス
*お名前

・個人情報は保護されますのでご安心下さい。迷惑メールが配信されるようなことは絶対ありません^^


離活のススメ 前の記事へ(
次の記事へ(

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ